部門のご案内 薬局

薬局では「正確で迅速な調剤』「途切な医薬品の供給」「十分な情報提供」の3つの行動目標を掲げ、調剤係、服薬指導係、医薬品情報係の各部門で連携をとり業務を行っています。
病棟・外来では各専門分野に精通した薬剤師が中心となり、他職種と連携してチーム医療に参画し、 各薬剤師が専門性を発揮できるよう「専門・認定薬剤師」の育成にも取り組んでいます。
新病院では、病棟にサテライト薬局を設置し、薬剤師の常駐化により今まで以上に患者さんに寄り添える医療を目指していきます。
今後も医薬品が適正に使用できるよう日々情報収集に努め、質の高い安心安全な医療が提供できるよう、スタッフ一丸となり取り組んでまいります。

薬局からのお知らせ

保険薬局の方へ 院外処方せんへの検査値の記載についてNEW

業務内容

調剤業務

医師の指示に基づき、処方せんに従ってお薬をつくる(調合する)ことです。
処方せんの内容について、飲み合わせ・副作用・飲み方・量・投与期間などのチェックを行い、疑問があれば医師に確認した後、患者さん一人一人に適したお薬をつくります。
内服薬においては、コンピューターからオーダーするオーダリングシステムの導入により、患者さんの過去のお薬の使用状況やアレルギー等を迅速に参照することが可能となり、より正確にチェック出来るようになりました。
注射薬においては、患者さん一人一人の注射薬をチェックしたのち、個人別に1日分ずつ病棟に払い出しています。

持ち込み薬鑑定業務

入院された患者さんが今まで飲んでいたお薬をお持ちになった場合、どんなお薬をどのように飲まれていたかを薬局で調べて医師にお知らせしています。
その情報に基づいて、同じようなお薬が重複したり、飲み合わせの悪いお薬が処方されることを防いだり、入院中の治療に役立てています。

製剤業務

市販されていない特殊な軟膏・目薬・検査用の試薬などを作っています。製品によっては高圧蒸気装置で滅菌したり、クリーンベンチ内で調整しています。これらの製品は品質・有効性・安全性の面から使用期限を厳格に決めています。

服薬指導業務

入院患者さんのベッドサイドにうかがって、処方されたお薬の効果、飲み方、注意点などを薬の説明書とともにわかりやすくお伝えしています。
もちろん当院で処方されたお薬だけでなく、入院前からかかりつけ医より処方されていたお薬についてや、疑問に思っていたこと等、その他お薬に関わる様々な相談にも対応しております。
また、ご自分でお薬を管理することが困難な患者さんの場合には、退院時ご家族や入居施設の方にお薬の説明をさせていただいています。

病棟業務

お薬の説明だけでなく、病棟においても活動をしております。
持参薬(入院前から飲んでいるお薬)のチェックをしたり、検査値やカルテの記載事項、患者さんからの訴えなどから、処方されたお薬が効果的に使用されているかなどを検討して、より良い治療が患者さんに行えるようにお薬を選んで医師に提案しています。
また各診療科には担当薬剤師がおり医師や看護師とともに回診に同行し、同じ情報を共有しお互いに連携をとりながら医療チームの一員をして活動しています。

混注業務

手術の後や食べ物を口から摂取できない患者さんに処方された注射薬を高カロリー輸液といいます。
普通の点滴注射より栄養価が高く細菌の汚染が起こりやすいため、クリーンルームという細菌のほとんどいないきれいな部屋で注射薬を混注(混合)しています。
また外来や入院で化学療法を行う患者さんの注射も同じように混注(混合)しています。
その際、投与量や投与間隔のチェックだけでなく、お薬の説明や副作用のチェックなども専任の薬剤師が行っています。

薬品管理業務

当院で取り扱っているお薬の購入・保管・各部署への供給と一貫して管理しています。また保管方法や使用期限には特に注意を払っています。
近年、たくさんのジェネリック医薬品があり、またよく似た名前のお薬もたくさんあります。それらを適正に購入・使用することで、無駄な在庫を置かないように努めています。
お薬の中でも特に医療用麻薬と血液製剤は特別な管理が必要とされています。麻薬は紛失や破損が許されないため、毎日使用数と在庫数を確認しています。
もし紛失や破損が生じた場合には速やかに保健所への届出が義務付けられています。
血液製剤は社会問題にもなっているように、未知のウイルスによる感染の危険性があるため、使用する場合は使用者名簿を作成しそれを20年間保管することになっています。

医薬品情報活動

当院においても積極的にジェネリック医薬品の使用を進めています。
そのためたくさんのジェネリック医薬品の中から、より安心で情報量がたくさんある医薬品を選んでいます。
書籍やインターネットの活用、製薬会社からの資料入手、様々な勉強会へ参加し最新の情報を収集しております。また当院での勉強会を開催したり、依頼があれば施設等での学習会を行うなど情報発信も行っています。
これらの医薬品に関する情報(副作用や使用方法)を医師、看護師そして患者さんに提供することにより、良質で適正な医療の向上を目指しています。

その他

薬剤師を目指す薬学生の実務実習の受け入れや、薬学生のための病院見学会も行っています。地域の中学生や高校生に対する薬局見学など、地域の人材育成に努めています。
その他、治験業務や市民講座などへの参加など様々な活動をおこなっています。
以上のような業務を通じて、患者さんにお薬を安全に使用していただくことが最大の使命だと考えています。
現在、大部分が院外処方になり薬局窓口でお薬をお渡しする機会は少なくなりましたが、お薬に関してわからないことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

院外処方せんへの検査値の記載について

保険薬局 各位

市立伊勢総合病院 薬局長 高尾雄介

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃は当院発行の院外処方せんに応需いただき、誠にありがとうございます。
このたび、市立伊勢総合病院の新病院移転、電子カルテ導入による検査システム、検査機器および検査試薬の変更に伴い、JCCLS(日本臨床検査標準協議会)が提唱している「共用基準範囲」での記載は、従来の記載内容と単位の異なる項目や数値に差がある項目が存在します。
運用開始時にはご迷惑をおかけする可能性も想定されますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
処方せんの印刷見本ならびにトレーシングレポート、記載される検査項目・基準値などの詳細については、下記をご覧下さい。

処方せんの印刷見本

記載される検査項目・基準値
(更新事項:2019年1月4日(共用基準範囲に変更))

トレーシングレポート

問い合わせ先
市立伊勢総合病院 薬局 TEL:0596-23-5111(代表)