診療科のご案内 眼科

当科の概要・特色

眼科では、診療だけでなく手術も行っております。
『眼は心を映す鏡』という言葉がありますが、心だけでなく、体の病気が眼にも反映される事もしばしばあります。例えば、糖尿病や高血圧があると、眼の中に出血が起こる事があり、脳の病気があると、眼と脳は近くにあるため、視神経や眼の動きを担当する筋肉が弱ってしまう事もあります。
当院は総合病院ですので、眼科だけではなく、内科や脳神経内科、皮膚科、形成外科などと連携をとりながら治療を進める事ができます。また健診センターでの眼底検査の診断や、 健診後の二次検査も行っています。

これからも院内各部署と協力しながら、眼の病気の早期発見・積極的な治療に努めてまいりますので、眼の事で何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談いただければと思います。

診察内容と対象疾患

「白内障」や「緑内障」「黄斑変性」といった眼の中の病気だけでなく「さかまつげ」や、まぶたが下がってくる「眼瞼下垂」などの眼の外側の異常についても、手術を含めた積極的な治療を、院内他科とも連携をとりながら行っています。
眼の手術は主に白内障の手術を行っています。感染症などの術後管理の徹底の観念から白内障の手術は入院して頂き、点眼も含めた全身管理を行なった上で手術をします。(入院日数については相談に応じております。)
また、白内障の手術以外にも日帰りでレーザー治療、眼内注射、眼瞼下垂の手術を行っております。

OCT検査について

健診のオプション検査で、眼の中の網膜の状態を詳細に調べることが出来るOCT(光干渉断層計)検査を追加できるようになりました。
OCT検査は、痛みもなく短時間で終わる検査で、眼底写真では見つからないような眼の異常(緑内障や黄斑変性など)を早期に発見する事ができます。

医師紹介

中世古 幸成 〈部長〉

出身大学
平成8年 聖マリアンナ医科大学卒
資格
日本眼科学会認定眼科専門医 / 視覚障害者用補装具適合判定医 / 日本医師会認定産業医 / A型ボツリヌス毒素製剤(ボトックス)講習実技セミナー終了 / 臨床研修指導医

中世古 直成 〈副部長〉

出身大学
平成10年 藤田保健衛生大学卒
資格
日本眼科学会認定眼科専門医 / 視覚障害者用補装具適合判定医 / 日本医師会認定産業医 / A型ボツリヌス毒素製剤(ボトックス)講習実技セミナー終了 / 臨床研修指導医

太田 晶子 〈非常勤〉

外来診察表

休診・代診情報