診療科のご案内

形成外科の診療体制について

形成外科の診療体制については、外来診察のみとなり、診察は予約制となります。
それに伴い、長期的な処置や入院等については、治療が行えません。
このため、上記に該当する場合、診療をお断りすることもあります。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

当科の概要・特色

形成外科は、身体の表面の形や色の生まれつきの異常、ケガやヤケドなどの外傷又はその傷跡や変形、腫瘍切除などの手術後の傷跡、変形や欠損等に対する治療を行う専門外科です。
また、美容外科(レーザー脱毛、しみ取り、黒子取り、フォトフェイシャル(光治療)など)の診療も行います。

 

診察内容と対象疾患

血管腫(赤あざ)

主に、いちご状血管腫、単純血管腫がレーザー治療の対象とりなります。

母斑(青あざ、茶色いあざ、黒あざなど)

主に、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症、扁平母斑などがレーザー治療の対象となります。
※部位、大きさによっては他院をご紹介することとなります。

皮膚・皮下腫瘍(できものなど)

黒子や疣、粉瘤など多くの種類があります。良性のことが多いですが、時間経過で形や性質が変化して悪性になることもあります。多くの場合は手術治療となります。

眼瞼下垂

黒目の半分程度が上瞼に隠れている状態を言います。治療は、手術で上瞼のゆるんだ皮膚や筋肉を縫い縮めることが多いですが、下垂の原因や程度によっては、別の方法で手術を行うこともあります。

その他

この他、外傷直後の創部処置、陥入爪などで受診される方や、より高度な専門的治療が必要になる方も相談という形で受診されることがあります。初めての方でも気になることがございましたら、お気軽にご相談下さい。

医師紹介

男性医師
杉浦 謙介【嘱託医】
女性医師
大西 智子【嘱託医】

外来診察表

【外来診察表】形成外科

※原則予約制です。(新患の方は事前に当院にご相談ください)
※診察開始は10時からです。水曜日及び金曜日の午前中以外は医師不在です。
 
午前杉浦大西

【外来診察表】形成外科

※原則予約制です。(新患の方は事前に当院にご相談ください)
※診察開始は10時からです。水曜日及び金曜日の午前中以外は医師不在です。
 
午前杉浦大西