先輩研修医インタビュー

  • 平田
  • 青田
  • 持田
  • 中山
  • 水谷
  • 中村
  • 帝釋
  • 西村
平田智基 写真

平田 智基18期初期研修医

出身地 / 鈴鹿市出身大学 / 愛知医科大学

カリキュラムの自由度が高く、市中病院と大学病院の両方で研修ができる!

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

市中病院と大学病院の両方を研修できる点に魅力を感じました。見学に来た際、他職種の方々の雰囲気があたたかく、上級医の先生方も非常に指導熱心であったため、市立伊勢総合病院を研修先として選びました。

−伊勢病院の研修の特徴は?

カリキュラムの自由度が高く、2年間で市立伊勢総合病院と三重大学附属病院の両方で研修するため、幅広い症候・疾患から専門性の高い疾患を経験することができます。希望すれば、三重県外の病院にて研修することができ、自分のペースや希望に合った研修プログラムを作ることができると思います。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

初診時の問診、オーダーする検査の種類、治療方針、退院時期の決定について研修医の裁量が多く、それらを上級医の先生から適宜フィードバックしていただけるので、日々成長を感じております。手技に関しても上級医の先生から指導をいただきながら行うため安心して実践でき、その機会も豊富にあるため十分な経験を積むことができると思います。
上級医の先生に相談しやすい環境が整っていて、他職種・病院スタッフの方々も研修医を受け入れてくれる暖かい雰囲気もあります。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

学生時代では疾患中心の勉強でしたが、研修開始以降は、身体診察の項目、オーダーする検査の選択、入院適応、抗菌薬の治療期間・カバーする範囲、投薬の経路・投与量、治療効果評価の方法、食形態・栄養、指示簿の書き方…etcなど、学生時代では知り得なかった新たな内容を学んで実践する必要があるなあと日々感じております。これらも上級医の先生へ相談しやすい雰囲気・環境があって心の底から感謝しております。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

外国籍の患者さんへの問診、身体診察をする上でのやり取りに苦戦しました。

−どんな医師になりたいですか。

患者さんと医療職に信頼され、周囲の人を幸せにできる医師になりたいです。

−休日はどのように過ごされていますか。

美味しい料理を食べる、グルメ巡り、筋トレ、睡眠

−ある1日のタイムスケジュールについて教えてください。

8:00 出勤
8:15 入院患者プレゼン
8:30 病棟回診、病棟業務
9:00 初診外来、病棟業務
11:00 指導医と担当患者の治療方針決定
12:00 昼食
13:00 病棟業務、救急外来
15:00 病棟業務、検査結果の解釈を指導医と相談
16:00 感染症レクチャー
17:30 当直症例のフィードバック
18:00 帰宅

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

実際に病院見学に行き、病院スタッフや医師の雰囲気を見ることはとても大事だと思います。市立伊勢総合病院の研修は恵まれている点が多いと感じますので、ぜひ一度見学にいらしてください。

青田紗季 写真

青田 紗季18期初期研修医

出身地 / 津市出身大学 / 近畿大学

病院全体で研修医を育成しようとする熱心な指導体制が魅力!

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

見学の際に上級医の先生はもちろんのこと、コメディカルの方も研修医にアドバイスしている場面を見て、病院全体で研修医を育成しようとする熱心な指導体制に魅力を感じたからです。

−伊勢病院の研修の特徴は?

市中病院と大学病院の両方をローテートできるので、幅広い症例を経験できます。また、1年目の早い段階から手技を経験できることも、市中病院ならではのメリットだと思います。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

疑問に思ったことがあったとき、気軽に上級医の先生に質問できる環境が整っています。
その際、優しく丁寧に教えてくださり、すぐに疑問点を解決できます。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

研修が始まると、必要な知識量は多く、知識の深さも求められるので、大変だと感じています。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

病状説明の際、患者さんに分かりやすい言葉に置き換えるのが難しいです。

−どんな医師になりたいですか。

話しやすくて信頼される医師になりたいです。

−休日はどのように過ごされていますか。

お菓子作りをしたり、カフェ巡りをしたりして過ごしています。

−ある1日のタイムスケジュールについて教えてください。

6:30 起床
8:00 出勤
8:15 救急・内科カンファレンス
8:30〜17:15 救急外来
17:30 帰宅
23:30 就寝

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

経験できる症例数だったり、屋根瓦式の指導体制だったり、自分にとって研修で最も重要視するポイントを決めて病院見学するのが良いと思います。自分が求める研修が行える環境を見つけてください。

持田大輝 写真

持田 大輝18期初期研修医

出身地 / 滋賀県出身大学 / 三重大学

少人数での研修だからこそ、互いに情報共有しながら切磋琢磨できる!

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

病院の先生や看護師さんが優しく、いい雰囲気だと感じました。病院見学に来た際は、研修医の先生方が生き生きと楽しそうに仕事をされているのが印象的で、僕もこの一員として働きたいなと思いました。病院も新しくなり、とてもいい環境だと思います。

−伊勢病院の研修の特徴は?

三重大学のローテートに組み込まれていて双方を行き来するので、幅広い患者層を経験できます。また救急や地域医療では県外の病院でも研修が可能です。伊勢病院には教育熱心で優しい先生がたくさんいるので、より深く多くのことを吸収できると感じています。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

救急外来で担当した患者さんの振り返りなどをこまめに行ってもらえるので分からなかったことなどを消化しやすく、研修医として成長できる場が整っていると感じます。また伊勢病院の研修医1年目は4人といい意味で少ないので、誰か取り残されたりすることなく、みんなで新しい知識や学びある症例を共有しながら共に切磋琢磨しています。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

研修医になると、実際の治療選択やオーダー・手技など学生時代には未経験で、かつやるべき仕事がたくさんあります。研修が始まってまだ数ヶ月ですが、分からないことや学ぶべきことがたくさんあり改めて医学の深さを実感しています。国試の知識では太刀打ちできず、己の無力さと共にどこまでも成長できる無限の可能性を感じています。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

理解してもらえるような言葉の使い回しや選択は難しいなと感じることは多々あります。どこまでが医学用語なのか分からなくなったり… またふとした医学的な疑問(今であれば、この症状はコロナではないですか、など)を投げかけられることがありますが、なかなか自信を持って答えれないことも多く、勉強不足だなあと実感します。

−どんな医師になりたいですか。

確かな知識と経験を持っていることを大前提として、患者さんの思いや不安をないがしろにすることなく、一つ一つを丁寧に実践できる医師になりたいと思っています。

−休日はどのように過ごされていますか。

このご時世、なかなか出歩くこともできず、家で悶々と過ごしています。旅行とかいきたいですよね。

−ある1日のタイムスケジュールについて教えてください。

7:40 起床
7:50 出勤
8:15〜 内科カンファレンス
10:00〜 回診
13:00〜 腰椎穿刺
15:00〜 回診・カルテ記載、指導医の先生とお話
17:00〜 ER振り返り
18:30 帰宅
00:00 就寝

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

学生時代とは違って、研修医になるとできることの幅がとても増えます。いろいろできると楽しいかもしれないです。どんな研修がしたいか、なんとなくの方向性をイメージして、少しでも興味のある病院は一度行ってみるといいと思います。伊勢病院に来て下されば、その時は何でも話しましょう!

中山尭之 写真

中山 尭之18期初期研修医

出身地 / 兵庫県出身大学 / 三重大学

周りのみなさんが本当に優しく、設備も綺麗で病院の雰囲気がとても良い!

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

大学6年の臨床実習時、伊勢病院にお世話になりました。その際、伊勢の地域で活躍される先生方に憧れを感じ、また素敵な研修医の先生方を拝見して、自分もこうなりたいと思い、出願しました。病院の雰囲気が良かったのも理由の一つです。

−伊勢病院の研修の特徴は?

伊勢病院には、いつでも安心して研修を受けられる環境があります。ちょっとしたことでも、優しい上級医の先生方や他職種の方々にいつでも相談できます。心理的に安心なのは、本当にありがたいです。その上で、まずは研修医がファーストタッチし考えてみて、上級医と相談するという環境もあり、力もつくと思います。
週末には上級医の指導の下で当直がありますが、週明けには振り返りもして頂いています。そこでフィードバックを受けたり、他の研修医の救急症例を勉強することもできます。救急だけでなく、他科でも定期的に振り返りの環境もあるのが良い点だと思います。
さらに大学病院、県外・海外の病院での研修も可能であることが、このプログラムでの研修の魅力です。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

研修医や実習に来ている学生の医学教育に、病院全体が理解を示してくださっていると感じられるところです。また、先生方も他のスタッフの方々も皆さん本当に優しく、設備は綺麗で、病院の雰囲気はとても良いと感じています。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

研修を受ける前からある程度覚悟していましたが、どんな薬剤・輸液・栄養等を、どんな時間でどれだけ投与するか?、どんな検査や処置が必要か?など考え、オーダーすることの難しさを日々感じています。しかし毎日新たな学びを得ており、楽しく充実した研修ができています。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

  • 患者さんの本当の受診理由を把握するのが難しかった時
  • 健康に影響する様々な複雑な事情を抱えられていた患者さんを担当した時

など。どのようなアプローチをするのが良いかわからず、悩みました。こんな時も、指導医の先生方や多職種の方に色々と丁寧にご教示頂けました。

−どんな医師になりたいですか。

あたたかい心を持ち、夢を持ち、地域の方から信頼されるような医師になりたいです。

−休日はどのように過ごされていますか。

適切な感染予防対策をとりながら、伊勢の街を散策したり、おいしい店巡りをしたりしています。家で本を読んだり、ゆっくり休んだりする日もあります。

−ある1日のタイムスケジュールについて教えてください。

伊勢病院・内科ローテ時のある1日

8:15〜9:00 内科カンファレンス
9:00〜13:00 内科外来研修
13:30〜17:00 病棟業務
17:00〜18:00 週末の当直の振り返り

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

将来のキャリアについて考え始めると、本当に悩みに悩むと思います(私自身、初期研修修了後どうするか、とても悩んでいます)。しかし、悩んだ結果選んだ進路であり、置かれた場所で頑張ることができれば、どこであってもきっと楽しく充実した研修ができると、信じています。

水谷凜一郎 写真

水谷 凜一郎17期初期研修医

出身地 / 四日市市出身大学 / 三重大学

どの診療科でもすぐに相談できる環境があり、疑問点はすぐに解決できる!

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

学生の頃1.5ヶ月実習させていただき、病院全体の雰囲気があたたかく、指導医の先生の熱意あふれる指導から、伊勢病院で研修をしたいと考えたからです。

−伊勢病院の研修の特徴は?

伊勢病院10ヶ月と三重大学12ヶ月を回るので、伊勢病院でcommon diseaseを、三重大学で専門性の高い疾患について学ぶことができます。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

指導医の先生、コメディカルの方々が優しく、熱心に指導してくださることです。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

内科、救急科では毎日、指導医からのフィードバックの時間があり、外科では指導医の先生と一緒に担当を持ち、とても熱心に指導してくださります。どの診療科でもすぐに相談できる環境があり、疑問点はすぐに解決できます。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

医療に携わっていない患者さんに医学的なことをわかりやすく説明することは難しく、日々勉強させていただいております。

−どんな医師になりたいですか。

患者さんとそのご家族に信頼される医師になりたいです。

−休日はどのように過ごされていますか。

コロナが落ち着いてからはゴルフをしたり、泳いだり、体を動かすことが多いです。

−ある1日のタイムスケジュールについて教えてください。

8:00 出勤
8:00〜9:00 病棟回診
9:00〜17:00 手術
18:00 帰宅

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

様々な特徴がある研修病院を実際に見学して、自分の希望にあった病院を選ぶのがいいと思います。
中村麗奈 写真

中村 麗奈17期初期研修医

出身地 / 伊勢市出身大学 / 三重大学

病院全体に研修医を受け入れてくれる雰囲気がある!

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

私は地元である伊勢市で必要とされる医師になりたいという思いが強く、伊勢市に多い疾患や症候、地域の状況などについて広く学ぶことができる伊勢病院で研修したいと考えていました。また、学生の頃に見学に来た際に病院全体の雰囲気がとてもよく、この病院で研修したいという気持ちがさらに強くなりました。

−伊勢病院の研修の特徴は?

伊勢病院では内科が細かく別れておらず、内科研修では様々な症例に触れることができます。また、研修医に任せてもらえる範囲が広く、初診から診断、治療から退院まで、一連の流れの中で医師として何が必要とされているのかを学ぶことができます。科ごとの垣根も低く、わからないことがあればすぐ聞くことができる点も魅力の一つだと思います。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

上級医の先生をはじめ、看護師さんやコメディカルの方々が熱心に指導してくださるため、積極的に症例や手技に取り組むことができ、多くの貴重な経験をさせていただいています。また、病院全体に研修医を受け入れてくださる雰囲気があり、研修生活を送りやすい環境であることはとても嬉しいです。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

必要とされる知識の量が多くて大変だと感じることもありますが、一度現場で経験した症例や手技は絶対に忘れないなと思います。患者さんから学ばせていただくことの大切さを、日々感じています。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

病気の影響で意思疎通がうまく取れない患者さんへの対応で苦労しました。体調が悪い原因は何なのか、検査や治療をどうすればよいのか悩み、改めて問診から得られる情報の大切さに気づくきっかけとなりました。

−どんな医師になりたいですか。

専攻する科はまだ決まっていません。伊勢市の地域医療で必要とされる医師になりたいです。

−休日はどのように過ごされていますか。

新型コロナウイルスの影響でなかなか思うように外出できない日々なので、自宅で趣味の料理や筋トレをしたり、テレビを見たりして楽しんでいます。

−ある1日のタイムスケジュールについて教えてください。

8:15 上級医と病棟受け持ち患者さんのカンファレンス
9:00 上級医の先生と回診、病棟業務
11:00 初診外来
12:30 昼食
13:30 調べ物、MSWさんと退院患者の打ち合わせ
15:00 上級医の先生によるレクチャー
18:00 帰宅

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

実際に病院見学に行き、病院やスタッフさんの雰囲気を感じることはとても大切だと思います。救急外来の件数や当直の頻度は病院によって様々なので、自分にあった病院をさがしてください。ぜひ一度、伊勢病院にも見学に来てください!
帝釋敦仁 写真

帝釋 敦仁17期初期研修医

出身地 / 伊勢市出身大学 / 名古屋市立大学

先生方や色んな職種の方が、研修医の成長を見守ってくれている!

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

見学の際に病院全体の雰囲気があたたかく安心して研修が始められると感じたからです。また、伊勢市出身でもあり、ここまで育てていただいた地元に貢献したい気持ちもありました。

−伊勢病院の研修の特徴は?

地域の中核病院として、救急外来や診療所からの紹介から幅広い症候・疾患を経験できます。基本的なことはもちろん、重症の方や、複雑な背景を抱えた方の診療にも参加できるので専門的な知識や幅広い視野も身に付けることができると思います。
また、カリキュラムの自由度も高く、三重大学病院や、希望すれば三重県外での病院でも研修することができます。症例数を稼ぎたい人も、じっくり落ち着いて研修したい人も、自分に合ったカリキュラムを組むことができます。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

上級医の先生に相談しやすい環境が整っていることです。医師同士・他職種の垣根も低く、ローテート中でない科の先生方や、さまざまな職種の方も研修医に熱心に指導してくださいます。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

研修医は忙しくて、しんどくて、身も心もボロボロになるような想像をしていましたが、実際にはいろんな方が気に掛けてくださり、我々の成長を見守っていただけていることが多くあります。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

患者さんに「これってどういうことなの?」「食べちゃいけないものはあるのか」などと聞かれたときにうまく説明できなかったことがあります。

−どんな医師になりたいですか。

優しい医師になりたいです。

−休日はどのように過ごされていますか。

伊勢志摩地域の観光地を巡ってドライブしたり、同期や大学時代の友人たちとリモート飲み会したりしています。

−ある1日のタイムスケジュールについて教えてください。

8:15〜 前日の救急外来の振り返り、入院患者プレゼンテーション
9:00〜12:00 病棟回診、外来研修、受け持ち患者の治療方針の決定
13:00〜17:15 救急外来、検査・処置への参加。検査結果の解釈について指導医と相談

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

自分のペースで満足のいく研修ができる病院を探すのがおすすめです。
有名病院でなくとも、自分に合った環境がどこかにあると思います。
西村花奈 写真

西村 花奈17期初期研修医

出身地 / 津市出身大学 / 三重大学

1年目の早い段階から様々な手技や当直を経験できる!

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

市中病院と大学病院の良い所取りを出来ることに魅力を感じました。
見学の際に他のスタッフの方や上の先生方も雰囲気が良く、ぜひこの病院で研修を受けたいと思いました。

−伊勢病院の研修の特徴は?

県内の他の市中病院と比べて研修医の数が少ない分、1年目の早い段階から様々な手技や当直も経験できます。
複数の研修医が同一の科を回ることは少ないため、指導医から丁寧な指導を受けることができます。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

救急の輪番日が金曜もしくは土曜であり次の日はしっかり休めるため、平日の通常の研修に集中できることです。
各科で医局が別れていないため、上の先生方への相談も気兼ねなくできることです。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

これまでの自分が理解することが主であった勉強から、実際に自分が患者さんや家族に説明をしなければいけない場面が増え、自らの理解不足を痛感しました。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

地域的に高齢化が進んでおり、施設入所中の方も多いため患者さん本人と意思疎通を図ることが難しいことがあります。

−どんな医師になりたいですか。

時と場合を踏まえて適切な対応ができる医師になりたいと思います。

−休日はどのように過ごされていますか。

伊勢に住むのは初めてなので、この春はコロナの影響で観光客のいない伊勢をのんびり散歩したり、意外と飲食店も多くテイクアウトできるお店もあり、遠出できない分食が充実したお家時間を過ごしています。

−ある1日のタイムスケジュールについて教えてください。

8:00 出勤
〜12:00 カンファレンスや上級医との回診
12:00~13:00 昼食
~17:15 救急外来研修や上級医・他職種からのレクチャー
17:15 退勤

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

忙しい学生生活の中で、実際に伊勢病院にまで見学に来るのは難しいことがあるかもしれませんが、ぜひ一度見学に来て、伊勢病院のいい雰囲気を実感してもらいたいと思います。