募集要項

  • 初期研修医
  • 専攻医

初期研修医募集要項

市立伊勢総合病院では、医師としての人格を涵養し、プライマリー・ケアの基本的な診療能力(技能、知識、姿勢)を身につけることを目的として次のとおり臨床研修医を募集します。

研修実施病院・施設基幹型臨床研修病院群
三重大学医学部附属病院
市立伊勢総合病院
研修協力病院・施設
三重大学医学部附属病院の研修協力病院・施設で研修可能。
※ただし、三重大学医学部附属病院の研修医が優先されるため、確約はできません
詳しくはこちら(三重大学HP)
研修期間令和2年4月1日~令和4年3月31日
募集人員4人
応募資格医師免許をすでに取得し初期研修を開始していない方、
もしくは令和元年度医師国家試験受験予定者
試験内容面接 ならびに 書類審査
試験日及び出願期間◇出願期間
令和元年7月1日(日)から受付開始
◇試験日および締切日
令和元年8月3日(土)予定 (7月18日(木)締切)
令和元年8月10日(土)予定 (7月25日(木)締切)
令和元年8月24日(土)予定 (8月1日(木)締切)
◇病院見学
受験生は試験日前日までに、当院に見学に来ていただきますようお願いいたします。
詳細は三重大学のホームページをご覧ください。 三重大学ホームページはこちら
試験場所三重大学
応募方法応募方法は、三重大学ホームページを参照してください。
願書には必ず、「市立伊勢総合病院コース希望」と明記してください。 出願書類は、三重大学へ提出してください。

身分

職員(身分は公務員となります)

給与及び手当

 1年目2年目
年収(時間外手当除く)約8,250,000円 約9,000,000円
固定月給602,524円
基本給: 303,900円
地域手当: 48,624円
医師手当の合計: 250,000円
614,936円
基本給: 314,600円
地域手当: 50,336円
医師手当の合計: 250,000円
賞与4.45ヶ月分
(初年2.8925ヶ月分)
約1,020,000円
夏季支給分: 約235,000円
冬季支給分: 約785,000円
約1,600,000円
夏季支給分: 約800,000円
冬季支給分: 約800,000円
その他の主な手当時間外勤務手当:病院の規定による (通常単価の125~160/100)
通勤手当:上限 23,100円/月 (通勤距離に応じて支給)
住居手当:上限 27,000円/月 (家賃額に応じて支給)
宿日直手当:21,000円/回

福利厚生

宿舎独身寮有(テレビ、冷蔵庫、エアコン完備)
利用料は光熱費の実費負担のみ
各種社会保険三重県市町村共済組合(雇用保険は加入できません)
有給休暇1年目:15日 2年目:20日
その他各種休暇有り
院内保育所月額20,000円
夜勤にも対応できます。
職員駐車場利用料1,000円 / 月
定期健康診断年2回(春・秋)
学会参加費用旅費は年間14万円を上限に支給
旅費支給対象の学会については、参加費も病院が負担
医師賠償病院が加入する病院賠償責任保険が適用されるので、個人での加入は任意

勤務時間

  • 原則8:30~17:15(緊急呼出し時は時間外勤務扱い)
  • 当直は救急当番日を担当する指導医の下で、指導を受けながら行う。
  • 2年目も指導医のオン・コール体制で行うものとする。

専門研修プログラム

市立伊勢総合病院では初期臨床研修終了後、専門分野におけるより高度な知識、技術及び態度を修得するための専門医制度を、下記プログラムの協力病院として実施します。
ご不明な点がございましたら、経営企画課までお尋ね下さい。

基本領域プログラム名・基幹施設当院における関連学会の施設認定
内科三重大学医学部附属病院内科専門研修プログラム
基幹施設: 三重大学医学部附属病院
日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本消化器病学会認定医制度認定施設
日本腎臓学会研修施設
日本血液学会血液研修施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設
日本神経学会認定制度教育関連施設
皮膚科三重大学医学部皮膚科研修プログラム
基幹施設: 三重大学医学部附属病院
日本皮膚科学会認定専門医研修施設
外科三重大学医学部附属病院外科専門研修プログラム
基幹施設: 三重大学医学部附属病院
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本消化器病学会認定医制度認定施設
日本乳癌学会認定医・専門医制度関連施設
整形外科三重大学医学部附属病院整形外科専門プログラム
基幹施設: 三重大学医学部附属病院
日本整形外科学会認定医制度研修施設
眼科三重大学眼科専門研修プログラム
基幹施設: 三重大学医学部附属病院
泌尿器科三重大学泌尿器科専門研修プログラム
基幹施設: 三重大学医学部附属病院
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設
放射線科三重大学医学部附属病院放射線科専門研修プログラム
基幹施設: 三重大学医学部附属病院
日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
日本放射線腫瘍学会認定協力施設
麻酔科三重大学医学部附属病院麻酔科専門研修プログラム
基幹施設: 三重大学医学部附属病院
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
病理三重県・三重大学医学部病理専門研修プログラム
基幹施設: 三重大学医学部附属病院
日本病理学会研修登録施設
総合診療三重大学総合診療専門研修プログラム
基幹施設: 三重大学医学部附属病院
リハビリテーション科三重県リハビリテーション科専門研修プログラム
基幹施設: 藤田保健衛生大学七栗記念病院

応募について

応募資格医師法に定める臨床研修を修了した者で、上記プログラムにおける研修期間中に、当院において専門研修を希望する者
応募方法上記、基幹施設に申し込んでください。
当院研修期間中の身分職員または嘱託職員

給与及び手当 (平成30年4月1日現在)

 1年次2年次3年次
年収約1,125万円約1,150万円約1,175万円
基本給327,600円 / 月339,100円 / 月348,600円 / 月
期末手当年2回(6・12月)
地域手当52,416円 / 月
(扶養者がいる場合は加算あり)
54,256円 / 月
(扶養者がいる場合は加算あり)
55,776円 / 月
(扶養者がいる場合は加算あり)
医師研究手当180,000円 / 月
医師診療手当70,000円 / 月
医師確保手当200,000円 / 月
時間外手当病院の規定による(通常単価の125~160/100)
解剖手当3,000円 / 回
通勤手当通勤距離に応じて支給
住居手当上限27,000円
宿日直手当20,000円~ / 回

福利厚生

独身寮入寮可(ただし、卒後臨床研修医の利用状況により、満室の場合もあります。)
各種社会保険職員採用の場合は三重県市町村職員共済組合に加入
職員駐車場利用料1,000円 / 月
定期健康診断年2回(春・秋)
学会参加費用旅費は年間14万円を上限に支給
旅費支給対象の学会については、参加費も病院が負担
医師賠償病院が加入する病院賠償責任保険が適用されるので、個人での加入は任意

勤務時間及び休暇

勤務時間8:30~17:15
(ただし、緊急呼出し等時間外勤務有ります。)
休日土日祝日
国民の祝日に関する法律に規定する休日
12月29日から翌年1月3日
有給休暇1年目:15日 2年目:20日 3年目:20日
その他各種休暇有り