先輩研修医インタビュー

  • 西尾
  • 岡本
  • 玉腰
  • 豊川
  • 谷口
西尾海 写真

西尾 海
16期初期研修医
出身地 /三重県
出身大学/関西医科大学

自由度が高いため、基本的にやってみたい手技や検査などがあれば実施させてもらえます。

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

地元が志摩市ということもあり、伊勢志摩地方で研修先を探していました。その時に伊勢病院の奨学金の話を知り、研修先を伊勢病院に決めました。

−伊勢病院の研修の特徴は?

消化器内科や血液内科など臓器ごとに診療科が分かれているわけではないので、様々な患者さんを入院時に受け持つことができます。また自由度が高いため、基本的にやってみたい手技や検査などがあれば実施させてもらえます。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

指導医や上級医の先生、コメディカルの方々、事務員の方々が優しいことです。理不尽なことで怒鳴られたりすることがないので、スタッフ間はストレスフリーに過ごせます。先生方に質問しやすい環境なので、疑問点はすぐに解決することができます。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

働き出す前は、一応、医師国家試験を合格して現場に立っているので最低限の知識は持っていると思っていました。しかし、いざ働いてみると確かに知識はあるのですが、それを使いこなせない事態に直面しています。
また、学生時代は与えられた診察所見や検査所見の条件で最良のものを選ぶことが重要でしたが、現場では自分でその条件を作り出さないといけないため苦労しています。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

意思疎通が困難な患者さんへの対応は苦労します。問診や身体診察、検査をして問題リストを作らないことには、方針が立たないため、苦労しています。

−どんな医師になりたいですか。

何科の医師になりたいというのは現状では決定できていません。
地域社会に貢献できるような医師になりたいです。

−休日はどのように過ごされていますか。

平日に録画していたテレビを一気に見たり、ドライブしたり、宿直明けのときはとにかく寝たりして過ごしています。

−ある1日のタイムスケジュールを簡単に教えてください。

8:00 出勤
8:30〜 病棟患者回診、救急外来
12:00 ランチ
13:00〜 救急外来
17:00 内科カンファレンス
18:00 帰宅

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

入院患者の受け持ち数、当直の忙しさ、日勤帯の忙しさ、経験できる手技・疾患など病院によって様々です。ちゃんと見学して自分に合った研修病院を見つけてください。伊勢病院は自由度が高いので、まだ希望診療科が決まってない方も決まっている方もどちらにも適していると思います。
岡本和 写真

岡本 和
16期初期研修医
出身地 /鳥取県
出身大学/愛知医科大学

講習会や勉強会で大学病院に行くので、地方の中核病院に居ながら最新の情報にも触れる機会がある!

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

市中病院と大学病院を共に経験でき、また見学の際も病院の雰囲気がとても良く、先生方も事務の方もとても丁寧に指導して下さったため。

−伊勢病院の研修の特徴は?

大学病院にも講習会や勉強会で行くことが月に1~2回あるので、地方の中核病院に居ながら、最新の情報にも触れる機会があること。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

先生方が皆、丁寧に指導して下さり、分からないことや疑問に思ったことも聞きやすい。自分で調べものをするのも図書館があり、調べやすい。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

研修を受ける前は、憧れの医師になれた喜びと不安でいっぱいでした。
実際に研修が始まると、不安はもちろんありますが、先生や看護師さんなど皆が教えて下さり、日々充実した研修を送れています。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

研修が始まったばかりで、まだ私はあまりそういう患者さんの診察を担当したことはありませんが、医療に携わっていない人に病気のことを説明し、理解を得ることは大変なことだと痛感しています。

−どんな医師になりたいですか。

“あの先生にかかってよかった”と思われる医師

−休日はどのように過ごされていますか。

趣味のライブ鑑賞に行ったり、名古屋まで買い物へ行きます。

−ある1日のタイムスケジュールを簡単に教えてください。

7:00 起床
8:30 回診・カルテ記載
13:30 勉強会
18:00 帰宅
24:00 就寝

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

必ずしも大きな病院がより優れているという訳ではなく、市中病院だからこそ経験できたり勉強できたりすることも多いです。自分のペースで学べる点も、人数が少ないからこその長所だと思います!是非、一度見学にきて下さいね。
玉腰広人 写真

玉腰 広人
16期初期研修医
出身地 /愛知県
出身大学/三重大学

伊勢病院の研修は、研修医ファーストの体制が整っている。

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

大学病院と市中病院のたすきがけ研修ができるから。

−伊勢病院の研修の特徴は?

研修医ファーストの体制が整っている。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

若手の上級医の先生と部屋が同じで、何か分からない事があったらすぐに相談しやすいこと。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

思っていたより自分の勉強時間がしっかり確保できる。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

日々新しいこと、出来ないことだらけです。

−どんな医師になりたいですか。

常に勉強し続ける医師。

−休日はどのように過ごされていますか。

自宅でテレビやゲーム。

−ある1日のタイムスケジュールを簡単に教えてください。

8:30 出勤
午前 救急外来対応
13:00 救急当番日に対応した症例の検討会
午後 救急外来対応・レポート作成
18:00 帰宅

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

ぜひ、見学に来て下さい。
豊川勝久 写真

豊川 勝久
15期初期研修医
出身地 /大阪府
出身大学/近畿大学

優しく面倒見のいい人たちがたくさんいて、新人を教育しようととても助けてくれます。

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

高齢者が多い地域の中核病院である当院であれば、将来高齢化が確実視されている社会の中で医師として働く際に役立つ貴重な経験ができると考えたからです。

−伊勢病院の研修の特徴は?

三重大学とのたすき掛けなので、市中病院と大学病院のどちらも経験できることも大きな特徴の一つであると考えます。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

上級医の先生たちが研修医のことを気にかけてくれるので熱心に教えてもらえ、とても質問しやすい環境であること。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

紙カルテであるため様々な不安を抱えていましたが、オーダリングシステムがあるため使用感は電子カルテとそこまで大差ないです。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

ご高齢の患者さんが多いため話を聞き取りにくいことが時々あり、しかもご家族さんと同居していないときは問診することに苦労しました。

−どんな医師になりたいですか。

高齢化した地域の中に身を置き、その地域のニーズに応え努力していく医師になりたいです。

−休日はどのように過ごされていますか。

妻と二人で過ごしたり、上級医の先生と検査技師さんが主催してくださる飲み会・バーベキューに参加しています。

−ある1日のタイムスケジュールを簡単に教えてください。

7:00 起床
8:30〜 回診・カルテ記載
13:30〜 文書作成・勉強会
18:30 帰宅 読書
20:30 夕食
22:30 入浴
23:30 就寝

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

国家試験を終えて新米医師になったら、慣れない業務に加えてポリクリとは段違いの責任を伴う診療・手技などがあり、慣れないうちは大きなストレスがかかることがあります。その時乗り越えていくには、家族・友人だけでなく職場の人たちに助けてもらうことが必須だと僕は考えます。たしかに地方都市の中核病院であるため、大学病院や都市部の中核病院のようにたくさんの最新機材はありませんが、市立伊勢総合病院には優しく面倒見のいい人たちがたくさんいて、新人を教育しようととても助けてくれます。そのような点で僕は市立伊勢総合病院をお勧めします。
谷口彰人 写真

谷口 彰人
15期初期研修医
出身地 /三重県
出身大学/三重大学

各診療科やコメディカルの方、事務の方との垣根が低いので、わからないことがあればすぐに聞けます。

−まず、伊勢病院を研修先として選んだ理由を教えてください。

地元が志摩ですので、以前から地元に帰って働きたいと考えていました。学生時代に伊勢病院で1ヶ月実習した時に、病院の雰囲気がとても良く、温かく迎え入れてくださったので、こちらの病院を選ばせていただきました。

−伊勢病院の研修の特徴は?

診療科はもちろん、コメディカルの方々、事務の方との垣根が低いので、わからないことがあればすぐに聞く事ができます。例えば、時間があるときにエコー室へ行き、臨床検査技師の職員さんからエコーの仕方を教わったりしています。

−研修先として選んで良かったことは何ですか。

上級医の先生と相談しやすい雰囲気であることです。救急外来で悩んだ症例など、後日聞きに行くと、熱心に指導していただけます。

−研修を受ける前と実際に受けての感想などをお話しください。

やはり小さな市中病院ですので、多少の不安がありましたが、様々な症例に触れることができ、満足のいく研修をさせていただいております。

−患者さんへの対応で苦労したことなど、ありますか?

患者さんに説明する際に、うまく伝えられないことがあり、苦労していますが、上級医の先生の温かいサポートがあったり、このように説明したらいいよとお手本を見せてくださるので、日々努力しております。

−どんな医師になりたいですか。

患者さんや御家族に信頼される医師になりたいです。

−休日はどのように過ごされていますか。

買い物へ名古屋や大阪へ出かけたり、友人と伊勢市駅周辺で飲んだりしています。

−ある1日のタイムスケジュールを簡単に教えてください。

7:45 病院業務
12:00 昼食
13:00 救急対応
19:00 帰宅

−研修の病院を選ぶ大学生に向けてアドバイスをお願いします。

研修は、大学病院か市中病院かで悩むこともあるかもしれませんが、伊勢総合病院には三重大学病院群に所属しているため、その両方で研修を受けることができます。また伊勢総合病院では、自分の時間がしっかり確保できるので、座学の時間に使ったり、遊びの時間にも使えます。ぜひ見学に来てください。
  • 西尾
  • 岡本
  • 玉腰
  • 豊川
  • 谷口