診療科のご案内

循環器内科

外来診察表を見る

当科の概要・特色

当科は心臓の病気はもとより、動脈・静脈の病気(大動脈瘤、大動脈解離、動脈硬化、静脈血栓症など)を扱う専門科です。

また心臓や動脈は最も血圧の悪影響を受ける臓器のため、高血圧症の治療も当科の大きな仕事です。

狭心症や心筋梗塞の患者さんに対しては被ばく量の少ない心血管造影装置を使って正確な診断を行い、患者さんの病状に合わせて薬物療法や風船療法、ステント植込み治療などを行います。また脈が遅く症状のある方にはペースメーカ植込み治療も行っています。

その他の病気に対しても最適と思われる治療法を選択いたします。

循環器内科として独立した形になっていますが、外来・入院も含め内科から濃密な援助を戴き日常診療にあたっています。また臨床工学士や検査技師さらに看護スタッフの努力により、私一人でもこれまで行ってきた検査・治療を継続維持できるようなシステムを作り上げています。

人数が少ないと緊急への対応が非常に難しくなりますが、医師不足が解消されるまで、なんとかできる範囲で診療を続けていきたいと思っています。皆様のご協力に感謝いたします。

皆様方に良質かつ適切な診療を提供できるよう鋭意努力していきたいと思っています。

診察内容と対象疾患

心臓病

心不全・狭心症・心筋梗塞・弁膜症・不整脈など

その他

大動脈の病気・足の静脈血栓症

医師紹介

江見吉晴写真
江見 吉晴【部長】

出身大学昭和62年 三重大学卒

資 格日本内科学会総合内科専門医・日本循環器学会専門医・日本心血管インターベンション治療認定医・日本内科学会東海地方会評議員・日本内科学会教育病院教育責任者

外来診察表

内科のページを御覧ください。