リハビリテーション室

リハビリテーション室

当院のリハビリテーション室では医師の指示のもと、専門職である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と看護師、社会福祉士などの多職種とが連携し、チームアプローチでリハビリテーションを提供しています。
また、平成25年4月から入院されている方に対し、「毎日リハビリテーション」として休日のリハビリテーションを開始しました。加えて、平成25年9月には回復期リハビリテーション病棟の開設を予定しており、早期から切れ目のない質の高いリハビリテーションが提供できる体制を整えていきます。
これにより、リハビリテーションのための転院が不要となり、病気・障害があってもの住み慣れた街で自分らしく暮らしたいという想いを大切に、地域密着型のリハビリテーションの提供を目指します。

理学療法(PT)

理学療法 PT

病気やケガなどで運動機能が低下した方に、運動機能の向上と、寝返り、起き上がり、座る、立つなどの基本的な動作の改善、歩行などの移動動作の改善を図ります。

作業療法(OT)

作業療法 OT

日常生活動作に困難をきたした方に、医学的管理のもと普段行っている動作や趣味活動など活動全般を「作業活動」として用い、それぞれの動作・活動能力の改善を図ります。

言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法 ST

ことばによるコミュニケーションに問題がある方、摂食・嚥下機能(飲み込むことなど)に問題がある方に専門的な検査・評価を実施し、訓練や指導、様々な援助を行い、自分らしい生活の構築を図ります。

スタッフ数

理学療法士 14名
作業療法士 6名
言語聴覚士 2名
看護助手 1名

※(平成27年4月現在)